グラフトレスのインプラント治療について

インプラント技術は、日進月歩で開発が進んでいて、より良いものがつくられています。

以前までは、インプラント治療ができなかった人も、治療可能な技術開発がされていて、手術を受ける人も増加傾向にあります。

インプラントの技術には、「グラフトレス」というものがあります。「グラフトレス」では、従来の治療では顎の骨の量が不足しているため、骨移植や骨造成が必要とされているものを、骨移植などをしないで行うことができる治療法です。短いインプラントの金属を利用したり、金属部品を斜めに埋め込むことによって、顎の骨と金属をしっかりと固定できるようになりました。

骨移植や骨造成をする必要がないため、身体的負担や経済的な負担を大幅に軽減することができます。
また、骨移植・骨造成は、感染症にかかるリスクもあるため、リスクを大幅に減らすことができ、安全性の高い治療をすることが可能です。

この、「グラフトレス」という方法は、医師の高度な技術が必要です。

検査は、CTを撮って、3D治療シミュレーションシステムなどを利用して、インプラントの金属の理想的な位置をしっかりと分析する必要があり、高い精度の検査をする必要があります。

治療時間も短く、術後の腫れなども比較的少ないため、安心できます。

オールオンフォー(All-on-4)という新しいグラフトレスの手法も開発されていて、さまざまな人が治療をすることが可能になっていて、人気が高まっています。