安全になったインプラント治療

以前のインプラント治療は安全性に疑問を持たれていました。それはレントゲンなどによる2次元画像のデータでは、患者の顎の骨の状態や、神経に血管といった細部の位置関係が詳細には把握できなかったからです。

そのため手術のときに、大きく切開して実際に目で見て、顎の骨と神経などの位置関係を確認しながら、顎の骨にドリルで穴を開けインプラント体を埋め込んでいたのです。
それは、歯科医の経験や勘に頼るものが大きく、その経験や勘が歯科医の技術とまで言われていたことがあったのです。

今日ではインプラントの治療技術は進化していて、以前に指摘を受けていた安全性の疑問が解消されています。

その解消された要因のひとつに歯科専用のCTが開発されたことが挙げられ、その歯科用CTで3次元画像のデータを得ることが可能になりました。

3次元画像のデータでは、正確な顎の骨の状態が把握できるとともに、血管や神経などの詳細な位置関係を知ることができるようになっています。

その3次元画像データの情報により、直接目で見て確認しなくてもインプラント体を顎の骨に埋め込むことが可能になったのです。

そのお陰で手術が正確に行えるようになり、安全性も以前と比べると飛躍的に向上したものになっています。また、手術において行われる切開も最小限で済むようになったので、患者の体の負担も軽くすることができるようになりました。最近では歯科用CTを活用している医療機関も増え、インプラントの治療が安心して受けられるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です